良くないことが続くとき

最近どうにもうまくいかないことが立て続けに起こっており気が滅入っている。精神的にも肉体的にも疲弊してるってやつだ。

そんな時、人は目に見えない何かのせいにして時が過ぎるのを待つのだろう。

運に見放されたか、悪霊にでも取り憑かれているのではないか、そう思いたくなる気持ちはわからないでもない。お祓い、風水、宗教…心の拠り所を求めて彷徨う。

そんなものは気休めにしかならないと思っていても、人智を超えたものに頼らざるを得ない。神経が擦り切れるとまともな判断力が失われるのだ。

身近な人には心配をかけたくない。そういった思いが強い人ほど、悪い人間につけこまれてしまう。良くも悪くも人の心を揺さぶるものは金になるのだ。

ところで疲弊した時にでもこのような文章を書く人間は、果たしてどちら側に属するのだろうか。

夜風を浴びながらスマホで入力した文章を読み返し、ふと思うのであった。
>