読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイナルファンタジーはそろそろ終わらせても良いんじゃないだろうか

FFXVに関して何とも言えない署名活動が行われているらしい。


キャンペーン · FINALFANTASY15の仕様変更 · Change.org

 

自分はファミコン無印時代からのFFファンだけど、ゲームシステムの仕様変更をディレクターに突きつけるなんて発想は一度も考えたことがなかった。

ちなみにFFへの愛想ならとっくに尽きている。具体的にはFFXIIの時点…いや、正確にはX-2のオープニングムービーを見た時点か。

言うなれば惰性でファンを続けているような状態だ。


新作が出ればとりあえずプレイはするわけだが、とにかく近年のナンバリング作品は本当に酷い。XIVはよく持ち直したという感じだけど…

反面、最近新作ラッシュが続いているスマホゲーのFFはかなり頑張っていると思う。特にFFWWWは本当によく出来てる。

まぁこの辺の話をし始めると終わる気がしないので割愛。

 

とにかく冒頭の署名活動を行なっている人たちが、いまのスクエニが作るナンバリング作品のファイナルファンタジーに何を期待しているのかよくわからない。

 

開発段階の構想や仕様が必ず実現されるものと思っているのだろうか。

ペルソナが変われば仕様だって変わるだろう。採算取れる見込みが無ければプロジェクトなんて続けられないだろう。ディレクターが変われば方針も変わるだろう。

 

署名活動なんて大層なものをするわりに「2013年時点の仕様に戻すよう強く求めます」などという主張はあまりに子供じみている。ハッキリ言ってこんな署名活動は馬鹿げている。

 

そもそも内部の細かな仕様を把握しているわけでもないだろうに…

 

8年経って未だに幻想を抱き続けてられるのは凄いと思うよ。
でも8年経ってこんな主張をするのは悲し過ぎる。


FFXでアーロンが言っていた。

「もう、お前たちの時代だ」


あれは誰に向けた言葉だっただろうか。

 

昔のFFに携わっていた人はほとんど出ていってしまった。
時代は変わったんだ。

ファイナルファンタジーはそろそろ終わらせても良いんじゃないだろうか。

夜風を浴びながらそんなことを思った。

>