過去の自分と向き合うために

1年前、SEを辞めた時に書いたブログ記事(5年間務めたソフトウェア開発会社を退職しました。)を久しぶりに読みなおしてみた。


履歴書がてらに会社でやってきたことや、次に進みたい方向が書いてあったので、今の自分と照らし合わせることができた。

おおむね当時描いていた環境で戦っているいまの自分を、過去の自分に報告する手段がないのが非常に残念だ。

いま自分が置かれている状況や「これから何がしたい」「こうなりたい」ということをブログに書くことは苦手なタイプなのだが、あとから客観的に振り返ることが出来るのは存外悪くないなと思った。


こういう文章を書くのが苦でない人は、どんどんブログに書き残していった方が良いんじゃないかな。ブログに書くことで、もしかしたら自分以外の誰かの進むべき方向を示してあげられるのかもしれない。

>