やるしかなければ、やるだけだ。

できるできないの問題じゃない。

ってやつ。

2辛の辛さ

久しぶりにココイチで2辛のカレーを食べた。

だいぶ前に3辛を食べて

「かっらーーーーーーーっ!!こんなん食えへんやろ!」

となって以来、ここ数年は無難に辛さ普通で済ませていた。

だが、日常に刺激を求めていた俺は不意に2辛を注文したのであった。



「まぁ2辛やし、言うほど辛くないやろ。」








「かっらーーーーーーーっ!!」



えっ………

これ、2辛…??

2辛………

かっらーーーーーーーっ!!



いやいやいや嘘やん。

2辛でしょ?2辛言うたよね??

レシート2辛。間違いない。

いやいや、えっ?えっ??

えっ?????

いやこれ絶対10辛くらいでしょ。



恐る恐る店員の顔を伺う。

「プークスクスwww あいつマジ焦っててウケるんですけど〜〜wwww

りwww

10辛っすーーーwww

( 0w0)ノ ウェーイwwwwwww(妄想)」

許さんぞ。



俺は無表情で2辛のカレーを食べた。

めっちゃ汗出る。

あいつマジ許さん。

焦りを感じさせないようスローペースで水を飲む。

2辛だし。全然辛くないし。

福神漬けが捗る。

2辛だからな。

わりと汗出る。

鼻の上から汗にじみ出るの久しぶりだわ。

2辛程度なら汗も出る。

なぜささみカレーにしてしまったのだ。

意外と肉のボリュームあってルーが減らないぞ。


2辛…

2辛……


2辛………


2辛…………?????




2辛の辛さがわからない俺たちは












涙をこらえ、俺はスプーンを置いた。

クールに会計を済ませ店を出る。






「しばらく2辛は良いかな…」




夜風が涼しい。

ダチョウ倶楽部ではない

絶対に許さないからな

youtu.be

これからはブルクラッシュエンジニアの時代

>